福岡 交通事故治療 まいづる鍼灸整骨院トップ > 交通事故・労災でお悩みの方へ

交通事故によるムチウチの治療、専門院

突然の事故に遭われて、心身共に大変お辛い状況だと思われます。
心よりお見舞い申し上げます。

交通事故は大切な身体、愛車を傷つける重大な事故であり、深い心の傷も負うものであります。

交通事故による体の損傷で一番多いのが頸椎捻挫、すなわち「ムチウチ」です。
レントゲンを撮って異常がないと診断されても痛みがあるのは、背骨が微妙にズレてしまっていることが原因です。
レントゲンだけでは、そのような細かな部分はなかなか診断しきれないのです。
当院では、国家資格を持った柔道整復師のキメの細かい施術で改善します。

施術の費用・健康保険について

交通事故、労災の施術にかかる費用は0円です。

当院は自賠責保険、労災保険の専門院ですので、健康保険の取り扱いはありません。
整形外科に通っているからとあきらめることはありません。
整形外科との併用も可能です。

交通事故は初期治療が大事・治療について

私達、柔道整復師という資格は国家資格です。
自賠責保険の取り扱いが出来る治療が出来るのは、国家資格を持った柔道整復師の特権でもあります。
民間資格の整体やカイロプラクティックでは自賠責保険の取り扱いが出来ません。
交通事故に遭った時に、旅行中など地方で病院に搬送され、救急で診察を受けたり、その後自宅の近所の整形外科に通うケースは多く見られますが、そこでの治療内容が、痛み止めの薬、シップ、電気のみと言ったケースが多く、期間だけ過ぎ保険会社から治療の終了を告げられ、泣く泣く痛みが残ったまま治療が終了している現状も多く見られます。

そうならないために、やはり、初期治療と施術の内容につきます。
電気や牽引などでは後に痛みが残るケースがあまりにも多いです。

自賠責保険とは

自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)とは、公道を走るすべての自動車やバイク(原付含む)に加入が義務づけられており、一般に「強制保険」と呼ばれています。

交通事故の被害者が、泣き寝入りすることなく最低限の補償を受けられるよう、被害者救済を目的に国が始めた保険制度です。

被害者の保護を目的としているので、本来は保険の契約者である加害者が保険金の請求を行うのですが、被害者も自賠責保険に対して請求できます。
被害者が請求を行う場合は保険金の請求ではなく損害賠償の請求と呼ばれますが、被害者にとっては同じ金額が補償されます。

交通事故に遭ってしまった!どうすればいい?

まずは落ち着いて行動を。もし交通事故の被害者になってしまったら、速やかに適切な行動をとることが重要です。

①加害者の特徴をメモ
加害者の運転免許証を見せてもらい、住所・氏名を確認。
車のナンバーも必ず控えておきましょう。

②事故の現場を写真撮影
交通事故現場を確認し、見取り図を作成したり、写真(交通事故車・現場)を撮っておくことが大切です。
これは事故当時記憶が薄れたり、現場の様子が一変してしまうこともあるので、事故後なるべく早めに行動しましょう。

③交通事故証明を申請
加害者は事故の報告をする義務がありますが、被害者からも届出を忘れず行いましょう。
事故に遭ったすぐは症状が出ていなくても、後々痛みが出ることもあります。
必ず届出を行い、『交通事故証明』を申請してください。
これは保険金の請求手続きの際に必要になります。

④医師、柔道整復師の施術を受ける
“たいしたことはない” と思っていても、意外に重症である場合もあります。
事故に遭ったら専門家(医師・柔道整復師など)の診察を受けることが大切です。
また診断書を発行してもらい、必ず所轄の警察へ提出してください。
診断書を提出しないと人身事故の扱いになりません。診断書を提出することで、自賠責保険への治療費の請求が可能となります。

⑤保険会社に連絡
自分の加入している自動車保険会社や代理店へ、事故に遭遇し被害者になってしまった旨を報告してください。
搭乗者保険を掛けている場合、運転者のみならず同乗者にも入院や通院時の医療補償がついていますので、請求することができます。

⑥治療を受ける場所を連絡する
保険会社の担当に通院(入院)する医院を伝えてください。
あくまでも通院(入院)する医院は患者さんが決めるものですので、救急車で運ばれた病院にしか通院(入院)できないということはありません。